う か in バッカス

先週末より、国立のギャラリー「バッカス」で、光の作品 「う か」 を展示しています。バッカスは、南武線矢川駅から歩いて数分の、住宅街の中に埋もれるかのように存在するボイラー小屋をギャラリーとしたものです。たたずまいがとっても気に入っております。

Kiriは、発光と蓄電のカラクリ工作を担当しました。カラクリの詳細は秘密ですが、夕方からLEDを光らせるためのエネルギーを、ボイラー小屋の屋上に置いたソーラーパネルで昼間蓄えるしくみです。 エネルギーハーベスティングを大切なコンセプトとしています。これは今後出品する機会があったとしても、大切にしていきます。

つくばから遠く離れたギャラリーで、しかも我々や管理者が通常不在の無人ギャラリーですので、何卒悪しからずご承知おきください。我々が次にギャラリーに居るのは、搬出日(3月20日)の夕方です。

Kiri

コメントを残す

CAPTCHA