「僕の鉛筆はどこへいった~リアリティを失ったクリエイション時代~」

設立80周年企画 「ムサビズム展」に参加します。
関連企画のお知らせです。

複合文化施設「スパイラル」webサイト

0101
◆関連企画◆
第19回武蔵野美術大学地域フォーラム「アート&デザイン2013 東京」
「僕の鉛筆はどこへいった~リアリティを失ったクリエイション時代~」
日時:2013年7月7日(日) 13:10~16:10(開場12:50)
入場無料、事前申込不要
会場:スパイラルホール(スパイラル3F)
2013年、今わたしたちが目にしている様々な現象は   どのように表現されているのでしょうか? そこには手を使い、身体を使い、道具を使い、 ”描く”・・・というリアルは存在しているのでしょうか? デザイン評論家の柏木博を水先案内人に、 アートの分野から内田あぐり、 デザインの分野から和田智、   広告の分野から中島信也をパネリストに迎え、 それぞれの現場における検証、   迷走と困惑の中にある現代社会の”描く”を浮き彫りにしていきます。
【プログラム】
第1部
SESSION1: Proposal(提言)
柏木博(デザイン評論家・武蔵野美術大学教授)
SESSION2: Keynote(事例)
内田あぐり(日本画家・武蔵野美術大学教授)/和田智(デザイナー・SWdesign TOKYO代表・Audi Design Partner)/中島信也(株式会社東北新社取締役・CMディレクター)
第2部
SESSION3: Panel Discussion(事例)
<コーディネーター>柏木博   <パネリスト>内田あぐり/和田智/中島信也
司会:城戸真亜子(画家・タレント)
*終了後、同会場にて懇親パーティーを開催します。
17:15~19:00 会費制(3000円・当日受付)